スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年冬の田切駅大掃除その4

須坂駅に到着したら屋代駅では取り扱いが無かったフリー切符を買いました。屋代では取り扱いが無かったので須坂で購入したのです。屋代線はこの春で廃止が決定しており、最後の乗車となりました。
須坂駅でも次の列車まで時間があったのでいろいろと写真を撮りました。

須坂駅車庫
須坂駅車庫
右から3500系、1000系ゆけむり、2100系スノーモンキー。1000系が屋根の陰で露出不足になっちゃいました。

ポイント切り替え機と表示装置
須坂駅備品
以前はすぐ側まで近寄れたんですが、今は柵で仕切られていて近寄ることが出来ませんでした。

須坂駅名票
須坂駅名票

須坂駅時刻表
須坂駅時刻表
屋代線はダイヤがすかすかですが、長野線はそれなりに列車の本数があります。

2000系
長電2000系
昨年引退したはずだった2000系B特急がなぜか走っていました。今は特急では無く普通列車として運用されているようです。

2000系ヘッドマーク
七味ヘッドマーク
八幡屋の七味唐辛子のヘッドマークが付いていました。

車内広告
長電七味
どの列車か忘れましたが長電仕様の七味唐辛子の広告がありました(たぶん屋代線車内)。

しばし待つといよいよ今回の目的の一つでもある長電A特急2100系、愛称スノーモンキーが入線してきました。

須坂駅に入線するスノーモンキー
長電2100系
スノーモンキーはニホンザルの英名です。ニホンザル以外雪の中で生活する猿はいないそうです。

長電2100系は元々JR東日本の成田エクスプレスで使用されていた列車を購入したもので、さすが特急だけありシートの座り心地も快適でした。

2100系車内その1
2100系車内1

その2
2100系車内2

その3
2100系車内3

その4
2100系車内4
3両編成のうち「その4」の長野寄りの車両だけ転換クロスシートになっていて、後の2両は車両前後から中心に向かって座席が固定されているクロスシートでした。真ん中の席はお見合いになってしまいます。

湯田中に到着した2100系
2100系

方向幕
2100系方向幕
A特急スノーモンキーの文字が誇らしげです。

ラッピング
2100系ラッピング
温泉に入りながら毛繕いをするニホンザルの写真がラッピングされていました。

湯田中駅の隣に温泉施設があるのですが、今回はせっかくだからと言うことで駅から少々離れた渋温泉という温泉街に行くことになっていたので渋温泉に向かうバスに乗車します。

次回に続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

A特急、B特急というのは、列車の停車駅で区別している物で、列車の愛称じゃないですよ。
2000系も、以前はA特急、B特急の両方で運用されていました。2000系はまあ人気があるので、3月まで引退が延びたというものですね。

No title

へえ、そうなんですか。>A特急、B特急というのは、列車の停車駅で区別している
列車の新しい順にA、Bだと思ってました。
プロフィール

宇宙局長

Author:宇宙局長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。