FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の田切駅大掃除'09その7

船着き場で暫く待っていると今から乗る船がやってきました。

船着き場にあった石碑
石碑

今から乗る船
船

船に乗り込んだらいよいよ出航です。ガイドさんが伊那弁で案内をしています。
天竜川は下流に出来たダムの影響で川底に土砂が堆積して水面が数メートル上がったという話をしていました。
天竜川右岸の崖っぷちにある旅館(龍峡園ではない)を紹介していましたが、副部長によるとかなりおたかい宿だそうで、縁がなさそうだなあと思いました。

崖っぷちの旅館
宿
崖っぷちにあるけど高級旅館だそうです。

途中船頭さんが網を打ち鮎を狙います。が、そうそう簡単に捕れないようで道中3回ほど打って1匹も鮎が捕れないどころか外道も掛かりませんでした。

投網を打つ所
投網

また途中、岸壁になにやら文字が彫ってある所も教えてくれましたが、目が悪いのでいまいち何処にあるか分からない上、場所が分かってもなんと彫ってあるのか分からないのでした。有名な書家が書いた文字で彫ってある場所は7カ所有るそうで、水位の上昇の影響で下の方が水没してしまったそうです。

岸壁に文字
文字

さらに川を下っていくと無人の船にクーラーボックスを乗せた売店が現れました。陸路でアクセス出来る場所ではないので無人でも盗難の心配はない模様です。

売店
売店
ビールを買いましたがちょっと高め。

やがてガイドさんが煎餅を配り出しました。笠をかたどった円錐形の煎餅です。終点の唐笠港で売っているので宜しくと言う事でした。食べてもいいけど半分残しておくといいとも言っていました。

終点の唐笠港に着くと猫とアヒルが出迎えてくれました。猫は投網で捕れた魚のおこぼれを頂戴しに来たので今回はハズレでしたが、アヒルは煎餅のおこぼれ狙いでハズレがありません。ほとんどの乗客が煎餅を砕いてアヒルの方に投げています。私も半分残しておくといいと言った理由を知っていたので半分どころか全部残して置いた煎餅を砕いてアヒルに与えます。

アヒル
アヒル

天竜峡から唐笠まで小一時間ほどのコースでしたが、あっという間に時間が過ぎたような感じでした。

唐笠港の売店で特にこれと言った物がなかったので300円のクルミを買いました。時期的に去年の物だと思いますが。
この後は天竜峡にマイクロバスで戻って天竜ライン下りのすべての行程は終了です。
スポンサーサイト
プロフィール

宇宙局長

Author:宇宙局長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。