FC2ブログ

駄目だね

しばらく更新してませんでしたが、結論が出たので報告を。
AsProgrammerを使っても上手くいかないのでROMライターの製造元「keeyees」のウェブサイトからダウンロードしたライティングソフト「CH341A」バージョン1.18の上位バージョン1.29をネットから入手し早速実行してみたところ、ライトは出来た物のベリファイが上手くいかない。リードをしてみると本来のデータではなく全くでたらめなデータが返ってきます。どうやらBIOSのチップ自体がお釈迦になっている模様。
これ以上は打つ手なし。メーカーに修理に出すかどうか、近いうちに見積もりを取って余りコストがかさむ様だったら廃棄もやむなしと言うところです。
そんな訳でジャンクマザーを低コストで直す目論見は崩れ去りました。
スポンサーサイト



ROMライターを使ってみた

昨日の続き。今日はROMライターを使ってBIOSチップにデータを書き込みます。
まずはノートPCにCH341A用のドライバとライティングソフトをインストール。
公式サイトからダウンロードしたファイルを展開したとき、中華サイト故の文字化けがあったものの、使い方を解説したサイトがあったのでそれを参考にインストールして、PC側の準備は完了。次にPCにROMライターをUSB接続し、マザーボードのBIOSチップに接続クリップを取り付けいよいよライティングソフトを起動・・・したものの、ライティングソフトはチップのベンダー名の入力を求めてきます。チップ表面のシルク印刷を見ようとしましたが、老眼のためか文字が小さすぎて読めません。虫眼鏡を使ってなんとかMX15Gと言うことは分かったのでグーグル先生にチップ名を聞いてみるとMXの25L8005とのこと。ソフトの入力欄でMXを選択し、チップリストから25L8005を選択しようとしましたがリストに載っていません。こんな時はグーグル先生にお伺いを立てます。すると国外のフォーラムにそれらしいことが掲載されていました。ちなみに私の英語力は中学1年生並み。グーグル先生が翻訳してくれたので怪しい日本語ながら解決策にたどり着きました。結果は「別のライティングソフト使えよ」と言うことで、そこで紹介されていた"AsProggramer"なるソフトをダウンロードして実行!このソフトはチップに対応しているようです。
早速実行、リードは正常に行われたようで$FFで満たされたデータを返してきました。次はBIOSデータのライト、データを用意して書き込みボタンを押すとROMライターのアクセスランプが点灯しました。しかしいくら待っても進捗状況を表すバーが動きません。これでもだめか!?
埒があかないので今日はこの辺りで終了!

ROMライターが来た

前回BIOSが吹っ飛んだマザーボードを復活させると書きましたが、そのためのツールをAMAZONで購入して本日品物が到着しました。約1200円で送料無料。もっと安いものもありましたがクリップ(後述)付きでこの値段ならまあ納得できます。
やることを簡単に言うと、CH341Aというシリアル/パラレル変換チップを使ったEEPROMライターでBIOSのデータを上書きするのです。BIOSのチップはマザーボードに半田付けされていてROMライターのソケットに差し込めないので、洗濯ばさみの先に電極をつけたようなクリップを使ってROMとライターを接続します。この辺りはマザーボードのメーカーによりROMが半田付けではなくICソケットに差し込んであるタイプもありますのでそちらの方がクリップを使うより確実にアクセスできます。
とりあえずハードウエアに欠品はなかったので次はソフトウェアです。メーカーのウェブサイトに行っても反応が遅い。送られてきたものには説明書もドライバーもROMライティングソフトも入ってなかったのでここから落とすしかないのですが、画像を読み込むときなどインターネット黎明期を思い起こさせるほど重いのです。
なんとかドライバーとROMライティングソフトを入手して今日はここでおしまいにします。

久し振りに

長いこと更新していなかったブログが復活します。気が向いたときだけですが。
Windows7環境でPCを使ってきたんですが、7のサポート切れの声が聞こえてきたのでWindows10にアップグレードしてPCを使い始めました。
使用開始直後は問題なく使えたんですが、一月ばかり使ったところでいきなりOSがクラッシュ!これは以前あった初代SSDがBIOSから見えなくなったときと症状が似ているのでサブのノートパソコンにUSB-SATA変換器をつなげて二代目をClystalDiskInfoというHDDやSSDといったストレージをチェックするソフトで確認したところ、初代でBIOSから見えなくなった原因のドライブのリード/ライトスピードが異常に低い値を示していたのに対し二代目は正常値を返してきたのでSSDは原因ではないと考えられました。
そこで二代目SSDを完全フォーマットしてOSをクリーンインストールしてみたところ正常に動くようになったので一安心しましたが、原因は推測でSSDの不具合としか思えないのに交換していないのでちょと不安でもあります。
で、何故ブログの復活が?と言うと、7の時にOSの「HOSTS」ファイルをネットで拾った「HOSTS ULTIMATE」に入れ替えて運用したところ、その名に恥じず広告バナーをことごとく弾いてくれて邪魔なものが画面から消えて快適だったんですが、副作用としてFC2ブログの編集画面まで弾かれてしまい、「HOSTS」ファイルのURLを編集するのが恐ろしく面倒な作業だったのでまあ良いかとおもい放置していたからです。
Windows10を上書きインストールしたら「HOSTS」は書き換えられずそのままの状態で、ここにもたどり着けないままだったんですが、OSのクラッシュ→クリーンインストールをしたら当然「HOSTS」ファイルも初期化されここにアクセス出来るようになったわけです。
次のネタは、久々にPCいじりたい病がぶり返してきたので、BIOSが吹っ飛んだジャンクマザーボードの復活をさせてみたいと思います。いつになるかは知らないけど。

PC環境再構築

 前回から大分時間がたってしまいましたが、PCの再セットアップに手間取って時間ばかり過ぎて作業がはかどりません。
 ハードの方は問題なく組み上がったのですが、ソフトの方が故障前の状態までまだ復旧してないです。
 それでも古いHDDやSSDからダウンロードで入手したソフトをサルベージしたりパッケージ版のソフトをインストールしたりと普通に使うには差し支えない状態にはなりました。このまま使用して足りないソフトをその都度インストールしていけばいいかなと思っています。
 パッケージソフトといえば一太郎2018とおまけの花子やShuriken2018などをインストールしたのですが、予約限定版を買ったので\17000くらいする一太郎と\8000の花子\4000のShurikenなどが、まとめて予約特価の\12800(2000ポイント使用)だったのでいい買い物でした。
 アンチウイルスのカスペルスキーセキュリティは一昨年3年版を購入してあったのでシリアルナンバーを入れれば体験版が製品版になるのですが、シリアルを保存しているマイカスペルスキーのサイトにログインするパスワードが思い出せず難儀しました。
 まあパスワードは大体メモ帳にメモっているのでいいんですが、最近のものはブラウザがパスワードを記憶しているのでメモをとってなくて、OSのクリーンインストールから始めたらブラウザに記憶したパスワードなんて消えてしまうのでこの機能も善し悪しですね。
 OSのクリーンインストールが済んだらセキュリティソフトを入れてWindowsアップデートをかけました。これでWindows7環境ができたので後はアプリケーションソフトをインストールするだけ(これがかなりやっかい)です。
 ハードウェアの方はソフトを最低限入れた後にTVチューナーカードとUSBポートの増設カードを取り付けました。USBポートの方はWindowsの内蔵ドライバで問題なく動きましたが、チューナーカードは古いSSDからソフトをサルベージしてコピー&ペーストで動けばよかったんですが、ドットネット何チャラのパッチやMPEG2デコードソフトが必要になったのでネットで探してインストール。無事PCでTVが見られる環境になりました。これのために4TBのHDDを3年ぐらい前に購入してあったので今まで使っていた1TBのHDDと交換。これでPCでTV番組を録画できるようになったのですが、Blu-Rayレコーダーがあるので設定が面倒くさい録画ソフトをいじる気になれず、宝の持ち腐れ状態です。
 あまり焦ることはないのでぼちぼち環境を構築していくつもりです。あ、あと昔買ったホームページビルダー18もインストールしました。長いこと放置していた光画部のウエブサイトをどうにかするので。
 
プロフィール

宇宙局長

Author:宇宙局長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード